COLUMN

ココットカレーのお話し

いまでは紅花を代表する逸品となったココットカレー。

1990年頃の事です。当時紅花別館のアルバイトの中にスリランカの方がいらっしゃいました。ある日、彼が賄いにスリランカ風のカレーを作ったところ、当時の調理長がそれをいたく気に入ったそうです。

そのアルバイトの方に話を聞いたところ、お知り合いがスリランカ大使館に勤めているとの事でした。そこで料理長はその方とコンタクトを取り、色々と相談に乗ってもらいました。

目指したのは本場のスリランカカレーそのものではなく、日本人に好まれるスリランカカレー。調合するスパイスから使用する食材やお出しする器まで試行錯誤を重ねココットカレーが完成しました。当時の価格は税込で1,545円。このころは消費税が3%でしたので、本体価格は30年近く変わっていないという事になります。

当初はチキンのココットカレーしかありませんでしたが、2000年代に入り新たにシーフードのココットカレーと海老のココットカレーを開発。その後もいくつかのバリエーションをレパートリーに加えています。

株式会社 紅花

​©︎ BENIHANA, Inc. All Rights Reserved.